不安ひとくちに精神病といっても多種多様な病状があります。

プラセンタと精神病のかかわりを説明するうえで、うつ病についてお話させていただきます。

以前は、心が原因の神経症性うつ病と、脳に原因のある内因性うつ病に大別されていましたが、現在は心と脳の両方が原因とされるものの総称のようなものになっています。

精神的症状として、口数が減ったり、運動機能や記憶力が低下したり、抑うつ気分になるなどがあり、また興味・喜びの喪失ということもあります。

この抑うつ気分または興味・喜びの喪失のどちらかがあるというのが、うつ病と診断される必須項目になります。

身体的症状には、激しい頭痛や睡眠障害、疲れやすいことや消化器系の疾患などが挙げられます。

また、人を避けるようになり対人関係が悪化し、さらに症状が悪くなるという悪循環に陥りやすいそうです。

治療には抗うつ薬を用いたり、睡眠薬と併用したりするようですが、副作用の心配があるようです。

そこでプラセンタですが、プラセンタにはホルモンバランスを整える作用があり、血行促進につながり、自律神経に働きかけ気分が安定する効果が期待できます。

プラセンタを精神病の改善のために摂取しても副作用の心配もほぼありません。

当然治療薬ではないのでお医者様とよく相談した方が良いと思いますが、症状改善や予防に試してみるのも良いのではないでしょうか。

プラセンタ注射は保険が効かない?

プラセンタを摂取するうえで、効果的な摂取方法としてプラセンタ注射が挙げられます。

うつ病で悩んでいる方の多くは、いち早くうつの症状を緩和したいと願っているのでプラセンタサプリなどより即効性のあるプラセンタ注射を選ぶ人が多いです。

しかしプラセンタは、うつなどの精神疾患の治療薬とは認められていないので保険の適用がされず、美容目的で摂取する場合と同様に実費で利用しなければなりませんし保険適用外の自由診療になるのでお医者様によって値段もバラバラです。


最近ではプラセンタの人気が高いので、心療内科でもプラセンタ注射に対応しているところがあるようですが、皮膚科や内科などでも取り扱っている病院があるので探してみると意外に安くプラセンタ注射ができることもあります。

また、プラセンタは更年期障害の治療薬として認められているので、30歳代後半から40歳代くらいの女性は更年期障害を抱えている人も多く、更年期障害と診断されれば保険の適用も可能です。

プラセンタ注射は一度打てば終わりではなく、継続してこそ最大の効果が発揮されるので、できれば通院しやすいご近所で探すのがいいでしょう。

もし外出などがしにくい時はプラセンタサプリメントが有効です。プラセンタは継続摂取してこそ効果が発揮されるので、プラセンタ注射だとクリニックに行くために頻繁に外出する必要があります。プラセンタサプリメントであれば自宅で飲むだけなので外出する必要もないのでストレスにならずに済みます。

ただし、プラセンタサプリメントを精神疾患改善に利用するのであれば美容成分が配合されているものではなく、100%プラセンタのみの商品を選ぶようにしましょう

【100%】プラセンタ100%配合の人気サプリTp200
【体験】実際に購入したプラセンタ口コミ体験談

シスタープラセンタ公式サイトはこちら

▼▼大人気の希少な国内産TP200が購入できる TP200口コミレビュー ▼▼2017年注目度No1プラセンタサプリ 発酵キレイ・デ・プラセンタ口コミレビュー ▼▼初めてプラセンタサプリを購入するなら要チェック! ランキング