アスリートオリンピックやスポーツの競技会で禁止されているドーピング

検査に引っかかった場合は、メダルの剥奪だけではなく、数年間の活動停止など厳しい罰則も設けられているため、スポーツ選手は常日頃から気にしなくてはいけません。

一般的に私達がイメージするのは、筋肉増強剤等によって、普段以上の力が出せるようにするものだと思っているかもしれませんが、実は何気なく使用している風邪薬などにもドーピング禁止薬物が含まれていることもあり、意識していなくてもその風邪薬を飲んでしまうとドーピング検査で陽性反応が出てしまい、それまでの努力が一瞬で吹き飛んでしまうことにもなりかねません。

女性アスリートなら美容にも気をつけたいところなので、プラセンタがドーピングになるのかというのは気になるところだと思います。

プラセンタのアスリートへの効果

さて、スポーツ選手にとっては体力アップももちろん必要ですが、日々の練習の疲労回復もとても大切です。

常にベストの体調で過ごすために、サプリメントを使用しているスポーツ選手もたくさんいます。

その中でも疲労回復や体質改善してくれる「プラセンタ」を含んだサプリを使用しているスポーツ選手は多く、直接体内にエキスを取り入れるプラセンタ注射を行っているスポーツ選手もいます。

「プラセンタ」とは、人や動物の胎盤から抽出した成分やエキスで、健康維持、美容、そして医療にも使われている物なのですが、優れた効果は一般の人のみならず、プロのスポーツ選手も健康管理・体質改善に役立てているすごいものなんですね。

プラセンタはドーピング?

筋トレしかし、体質改善と聞くと、気になるのが「ドーピング検査に引っかからないのか?」と言うことですが、果たしてプラセンタはドーピングになるのでしょうか。

プラセンタ注射を行っているクリニックはたくさんあり、クリニックで扱うものに関してはドーピング検査にも引っかからない安全な物を使用している場合が多いのですが、一部のスポーツ団体、協会では禁止としているところもあるので、よく確認をする必要があります。

また、プラセンタ注射は皮下もしくは筋肉に打つのが決まりなのですが、クリニックなどによっては点滴注射(静脈注射)を行っているところもあります。静脈注射の場合、カクテル注射といってプラセンタの他にもビタミン剤などを混ぜて注射することも多いですし、アマチュア規定では静脈に注射をするということでドーピングとされてしまいますので注意が必要です。

参考:プラセンタ注射は皮下・筋肉・静脈どこに打つのがいいの?

プラセンタはホルモン剤などとは違うのでサプリやドリンクを飲むといった方法で摂取することも可能ですが、プラセンタ以外の成分を同時に補給できるようになっている商品も多く、中にはドーピング成分を含むものがあります。

一口にドーピングと言っても大会や種目などにより検査の方法や禁止成分が異なりますし、クリニックなどによっても大分見解が分かれるところで、アスリートの方にはプラセンタ注射を一切行わないクリニックもあるくらいなので、プラセンタを摂取する前によく確認することが必要です。

【人気】国内産サラブレッド人気No1サプリメントTp200
【ランキング】プラセンタ100%で安心なプラセンタサプリメント

シスタープラセンタ公式サイトはこちら

▼▼大人気の希少な国内産TP200が購入できる TP200口コミレビュー ▼▼2017年注目度No1プラセンタサプリ 発酵キレイ・デ・プラセンタ口コミレビュー ▼▼初めてプラセンタサプリを購入するなら要チェック! ランキング