「自律神経失調症やうつは改善できる」の記事一覧

自律神経失調症を乗り越え恋をしたことで健康と美容に目覚めました

自律神経失調症やうつは改善できる
健康

離婚したことで自律神経失調症の原因だったストレスから解放され、自律神経失調症を乗り越え、恋をしたことで健康と美容に目覚めました。病気で不健康だったので食べれば食べるほど健康になり顔はお手入れをすればするほど効果が出て楽しく、だんだんキレイになっていくと本当に元気が出て明るくなれました。

自分を可愛がり大切にし周りの現状を受け入れる事で鬱を克服

自律神経失調症やうつは改善できる
鬱

自分を可愛がる、自分を大切にする、自分や周りの現状を受け入れる事で鬱状態を克服出来るのではないかと感じています。子供の不登校がきっかけで自分を責め、子供を何とか学校に復学させたい一心で頑張り過ぎて鬱になりました。子供の意思を尊重し決して無理はさせず、自分も頑張らないで自分を大切にすることが大切でした。

他県に嫁ぎ馴れない環境と子育てへの不安から自律神経失調症に

自律神経失調症やうつは改善できる
子育て

他県に嫁ぎ子供を出産して馴れない環境と子育てへの不安から自律神経失調症になりました。母も遠く離れているし、親しい友人も近くにはいない、そんな中での初めての子育ては何をするのも不安で仕方ありませんでした。自律神経失調症を完全に治す薬はありません。少しづつ根本の原因を取り除いていくしかないのです。

うつ病で拒食・過眠・動機・無気力・喉の乾き・そして飛び下り

自律神経失調症やうつは改善できる
拒食症

うつ病で拒食拒食、過眠、動機、無気力、喉の乾き。ろれつが回らずうまく喋ることができない。会話をしても言葉、単語がわからない(理解できない)。物忘れが多い、思い出せない、などの症状があり、最後は悩むことに疲れマンションから飛び下りました。うつ病で苦しんでいる人はとにかく人と会い、助けを求めましょう。

うつ病と診断されて5年で回復の兆しが | うつは甘えではない

自律神経失調症やうつは改善できる
甘え

うつは甘えではなく病気です。うつ病と診断されて5年が経ち、やっと回復の兆しが見えてきました。「うつは甘え」というのは明らかに間違えなのですが、当時うつの渦中の私はこの言葉を鵜呑みにして自分自身をさらに追い込んでしまってました。物事を選択し続けるのが人生、自分が自分のために選択するべきです。

鬱は意識次第で治せる | 強引にでも前向きな考え方を癖にする

自律神経失調症やうつは改善できる
鬱

鬱は意識次第で治ります。鬱のうちはマイナスな事ばかりが頭をよぎるかもしれませんが、後ろ向きな考え方が頭をよぎってもすぐ前向きな考え方を最初は強引にでもいいから生んでいくことで習慣化して癖になり前向きに物事を考えられるようになります。これらを意識していくうちに憂鬱な気持ちがなくなっていきました。

うつ病に言えるアドバイスはない | 鬱病になったからこそわかる

自律神経失調症やうつは改善できる
アドバイス

うつ病克服に言えるアドバイスはないんです!鬱病になったからこそわかります。自分で気付かなければ、どうにかしようと思わなければ、どうにも立ち直れないんです。でも、無理をすることはかえって逆効果です。追い詰めるだけです。症状が悪化するだけです。生きる意味なんてなくていいんです。生きてることに意味があります。

たった一人で自律神経失調症を克服 | 恥ずかしくて誰にも言えない

自律神経失調症やうつは改善できる
克服

若いころに自律神経失調症になり、睡眠障害や摂食障害を起こし、さらに被害妄想の塊で誰も信じられず、とにかく1人になりたくて家から飛び出しました。このような症状を恥ずかしくて誰にも言うことができず、たった一人で長い年月をかけて克服しました。他人との関わりが辛ければ一人という選択もアリだと思います。

自律神経失調症は疲れとストレスが原因 | 意外に多い妊婦の患者

自律神経失調症やうつは改善できる
妊婦

自律神経失調症は疲れとストレスが原因であることも多く、意外に妊婦さんが自律神経失調症になることも多いです。つわりがキツかったり、その延長で体調が優れないのかと思ってしまわれるのですが、実は自律神経が乱れているということも考えられます。症状が酷い場合や精神的に辛い場合は病院に通う事をお勧めします。

自律神経失調症とパニック障害を体験 | 貧血への不安も要因

自律神経失調症やうつは改善できる
貧血

満員電車の中で貧血を起こした後遺症で、パニック障害、自律神経失調症になりました。大勢で御飯を食べるときや、試験中にも貧血になる状況が続いたので心療内科の受診し、今は頓服の薬だけで生活できるようになりました。パニック障害や自律神経失調症の完治はなかなかしないので病気とうまく付き合っていくことが重要ですね。

ページの先頭へ