喘息喘息には気管支喘息や咳喘息などがありますが、気管支が炎症を起こしアレルゲンや誘因となる特定の物質などに過敏に反応することで起こる発作で、症状がひどい場合には呼吸困難やショック症状を引き起こすこともある重篤な病気です。

一般的に喘息は喘鳴を伴う気管支喘息のことを言い、アレルゲンとなる物質が増えていることから喘息で悩む人も年々増加傾向にあります。

空気の通り道である気道が炎症により狭くなり呼吸がしづらくなるので気管支を拡張する薬やステロイド剤などでの治療が行われますが、これらの薬剤は副作用が懸念されるので安心することができません。

プラセンタには喘息などのアレルギー症状に効果的な免疫賦活作用や抗アレルギー作用、抗炎症作用などがあり、そして副作用の心配もないので喘息の症状改善が安心してできるのです。

なぜ喘息にプラセンタが効くの?

喘息は気道の慢性的な炎症が原因で起きるアレルギー症状の一つですが、アレルゲンのみならずストレスなどが起因となって発作を起こすこともあります。

アレルギーは抗原抗体反応という体を守る免疫システムが過剰に働いてしまうことで本来体に害のない物質にまで反応したり害にならない量のアレルゲンに反応してしまい、正常な細胞にも影響を及ぼすことで起きます。

プラセンタは慢性的な炎症を抑える抗炎症作用があり、根本的な原因である気管支の炎症を解消していきます。

そしてプラセンタの持つ免疫賦活作用により免疫システムを調整し免疫力を高める効果が得られ、過剰なアレルゲンへの反応を抑え正常な免疫力を養っていきます

自律神経を調整する作用もあるのでストレスなどの解消にも効果があり、アレルゲン以外の原因の解消にもプラセンタは効果的で、喘息の発作を起こしにくい体質に改善する効果に期待できるのがプラセンタの最大の魅力ですし、副作用がないということで安心です。

プラセンタを子供に飲ませても大丈夫?

子供の喘息喘息で子供が発作を起こしているところをよく見かけますが心苦しいですね。

数年前に比べ子供の喘息は約6倍にもなっているそうです。

環境の変化によりアレルゲンとなる物質が増えたことが大きな要因なようですが、生活習慣や食生活の変化も大きくかかわっているようです。

プラセンタの摂取に年齢制限はありませんし、経口摂取のプラセンタは薬ではなく栄養補助食品なので子供に飲ませても問題ありません。

しかし薬を処方されている場合、飲み合わせの問題などがあるので医師に相談することをおすすめします。

アレルギー疾患は薬を摂取したからといってすぐに治るものではないのと同じでプラセンタを飲んだからといってすぐに治るものではなく、プラセンタを継続して摂取し続けることでアレルギー体質を改善することが目的なので、根気よく体質改善に努めるようにしましょう。

【人気】喘息改善にはプラセンタ100%サプリ
【体験談】実際に購入したプラセンタ口コミ体験談

シスタープラセンタ公式サイトはこちら

▼▼大人気の希少な国内産TP200が購入できる TP200口コミレビュー ▼▼2017年注目度No1プラセンタサプリ 発酵キレイ・デ・プラセンタ口コミレビュー ▼▼初めてプラセンタサプリを購入するなら要チェック! ランキング