妊娠妊活や妊娠前後のお肌の健康維持などが期待されるプラセンタと胎児の健全な発育や貧血の予防などに効果的な葉酸ですが、最も不足を補いやすいサプリメントを併用しても飲み合わせなどは大丈夫なのでしょうか?

プラセンタは不妊治療にも利用され子供を望む女性には美容効果やストレスの軽減効果もありとても有効的で重宝されていて、葉酸は胎児の先天性の異常を予防できると最近非常に注目されている成分です。

どちらも妊娠を望む女性は摂っておきたい成分なので、気になるのは飲み合わせが悪くないかということだと思いますが、基本的にはプラセンタと葉酸を併用することでの障害はありません。

むしろ葉酸とプラセンタのサプリメントなどを併用することで相乗効果が得やすくなります

葉酸だけでは不十分?

葉酸はビタミンB群に属する水溶性ビタミンです。水溶性ビタミンというのは体内に長時間蓄えておくことができず、毎日摂取する必要があります。

さらに栄養素単体では体内に吸収されにくく、他の栄養素などの力を借りて効率的に体内に吸収させることが効果を発揮させる上で重要なポイントになります。

そのため葉酸だけを摂るのでは不十分で、葉酸と共にビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンCを同時に摂取することで葉酸の効果を効率的に働かせることが可能になります。

しかし現代の食事で必要な栄養素をバランスよく必要量摂取するのは難しいので、サプリメントで補うのが現実的です。

葉酸は1日の推奨摂取量が約0.3~0.4mgですので葉酸単体でのサプリメントというのはなく、葉酸サプリメントには様々な栄養素や賦形剤が添加されています。

商品によって配合が違っていたりするのでなるべく葉酸と相性の良いビタミンB群などの成分が配合されているサプリメントを選ぶようにしましょう。

プラセンタと葉酸を併用しても大丈夫?

プラセンタは胎盤のことですが、胎盤には胎児に必要な栄養素が集約され、胎盤というフィルターを通して安全で必要なものだけを胎児に送り込み爆発的な成長を促しています。

胎児が成長するための細胞分裂を正しく行うために必要な栄養素の一つが葉酸でDNAの合成などに大きくかかわっています。

プラセンタには葉酸が効果的に働くためのビタミン類も多く含まれ相乗効果も期待できるのでプラセンタと葉酸の併用で大きな問題はありませんが、妊娠前後は身体も非常にデリケートになりますので注意は必要で、葉酸の過剰摂取は他のビタミン不足を発見しにくくしたりしますのでサプリメントの1日の摂取量は守るようにしてください。

また、葉酸は妊娠前1ヶ月から妊娠後3カ月くらいの期間に最も必要な栄養素になるので妊娠発覚後に摂取し始めるのでは効果も半減になってしまいます。妊娠を希望されている場合はなるべく早い段階で摂取し始めるのもポイントです。

何度も言いますが、妊娠前後の身体は非常にデリケートです。万一おかしいな?と思ったり、不安な場合は必ず医師に相談するようにして下さい。医師に相談するだけでも不安が解消されてしまうこともあります。自分はもちろん赤ちゃんのためにも極力懸念などは解消しておきましょう。


妊娠を希望される女性に注目度の高い葉酸ですし、プラセンタも妊娠促進効果があるということや妊娠前後の美容のために摂取を希望される女性が多いということですが、妊娠前後だけでなく葉酸やプラセンタを摂取することでお母さんの健康的な身体を作っておくことが何よりも大切なので、サプリメントの摂取と共に健康的な生活習慣を身につけていきましょう。

>>妊活・妊娠前後に効果的なプラセンタサプリはこれ

>>体験プラセンタのリアルな口コミ

シスタープラセンタ公式サイトはこちら

▼▼大人気の希少な国内産TP200が購入できる TP200口コミレビュー ▼▼2017年注目度No1プラセンタサプリ 発酵キレイ・デ・プラセンタ口コミレビュー ▼▼初めてプラセンタサプリを購入するなら要チェック! ランキング