タバコ百害あって一利なしと言われる喫煙ですが、タバコを吸う人にとってはリラックス効果などがあるという意見が多いですね。

確かに一定の効果はデータ上でも認められるようですが、お肌に与える影響を考えるとちょっと心配になってしまいます。

せっかく美肌のためにとプラセンタを摂取しても十分なプラセンタの恩恵を受けられないということになり、プラセンタの効果は無いなんて誤解してしまっていることもあるのではないでしょうか。

とはいえプラセンタを摂取するだけ無駄かというとそういうわけではありません。

プラセンタを摂ることでタバコによる悪影響は抑えられます。

たばこの肌への悪影響

タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる働きがあり、血流を妨げ血液の循環を阻害してしまいます。

そして活性酸素の生成が活発化しシミやくすみ、黒ずみなどの原因となるメラニンが大量発生することでお肌のハリや透明感が薄れていってしまいます。

血液の循環がうまくいかないので新陳代謝(ターンオーバー)もうまく行うことができずメラニンの排出もなかなかされないため皮膚内に沈着してしまいます。

メラニン色素沈着を防いでくれるのがビタミンCですが、そのビタミンCもタバコを吸うことで大量に消費されていってしまうので悪循環に拍車がかかってしまうのです。

しわ・たるみスモーカーフェイスってご存知ですか?

タバコを吸うことで肌の酸化(サビ)が早まるのでタバコを吸わない人に比べ圧倒的に見た目の老化が早まってしまいます。

肌が黒ずみ弾力やハリがなくなって頬がたるんだり、ほうれい線ができたりしわができたりといわゆる老け顔になってしまうのです。

 プラセンタでタバコの肌への影響を最小限に

タバコを吸う人で1日1本だけしか吸わないという人はごく稀だと思いますが、たった1本吸ってもビタミンCは約75mg前後消費されてしまいます。

よく例えられるレモンでも4個食べなければ補うことはできません。

1日1箱のタバコを吸う人でしたら毎日80個のレモンを食べてやっと補える計算です。

プラセンタでビタミンCが補えるだけ摂れるわけではありませんが、プラセンタには抗酸化作用があり、メラニン発生の根源となる活性酸素の発生を抑制してくれる働きがあります。

代謝を促進する働きもあり、血液循環をスムーズにしターンオーバーを促進することでシミやくすみの予防にもなりますし、線維芽細胞増殖因子の働きでコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す効果も期待できるので肌のハリやたるみの防止にも効果が期待できます。

これほど肌に効果的に働くプラセンタを摂取したとしてもタバコの悪影響を完全に拭い去ることはおそらくできませんが、今、プラセンタなどでケアしていかなければ手遅れになってしまいますよ。

ちなみにプラセンタを選ぶ時はなるべくプラセンタが濃いものを選んでください。

あなたの肌には他の美容成分よりプラセンタが必要なんです。

【人気】効果実感プラセンタ100%サプリ
【ランキング】プラセンタ人気No1はこのサプリ

シスタープラセンタ公式サイトはこちら

▼▼大人気の希少な国内産TP200が購入できる TP200口コミレビュー ▼▼2017年注目度No1プラセンタサプリ 発酵キレイ・デ・プラセンタ口コミレビュー ▼▼初めてプラセンタサプリを購入するなら要チェック! ランキング