白髪白髪が生え始めると見た目年齢が一気に老けこんだ感じがしますよね。

一般的に白髪は加齢やストレスの象徴のように思われ、白髪が突然目立ち始めると疲れてる?老けた?なんて言われることが多くなります。

実は髪の毛の生え始めは白く、メラニンの働きによって日本人の場合は黒く色づけされていきます。

メラニンと聞くとシミの原因と思われ女性には天敵と考えている人もいるようですが、メラニンは紫外線からお肌を守る重要な働きがあり、黒く美しい髪には必要不可欠なんです。

毛根にある毛母細胞でのメラニンの生成が何らかの理由で抑制されることが白髪の原因なので、毛母細胞を活性化しメラニンの生成を促すことで白髪を改善していくことができます。

プラセンタは毛母細胞に必要な栄養素を供給し、毛母細胞を活性化することでメラノサイトがメラニン色素の生成をしやすい環境を整えることができ、毛母細胞の働きに影響を与えるストレスやホルモンバランスの乱れを調整する効果もあるので、白髪の予防改善に効果的です。

加齢やストレスで白髪が増える原因は?

白髪になる原因はメラニン色素の生成が上手くいかないことですが、メラニン色素の生成が阻害される理由はメラノサイトの機能不全や活性酸素の過多が大きくかかわっています。

メラニン色素を生成するメラノサイトは活性酸素などにより刺激されメラニン色素を生成するのですが、そもそもチロシンというメラニン生成に必要なアミノ酸系の栄養素が不足していたり、メラノサイトの機能が低下しているとメラニン色素の生成が上手くいかず白髪を黒く染めていくことが困難になってしまいます。

年齢を重ねると体全体の代謝が衰えていき、さらに活性酸素も蓄積されて体の中を錆びつかせる原因になっています。

活性酸素は老化の原因と言われるように活性酸素が正常範囲を超えて体内に蓄積されると正常な細胞に害を及ぼし機能低下を招きます。

活性酸素が毛母細胞やメラノサイト細胞に影響を与えることで抜け毛やハゲの原因にもなりますし、白髪の原因にもなってしまいます。

また、ストレスは自律神経を乱し血管の収縮を招くため、必要な栄養素を運ぶのに支障をきたす他、メラノサイトの働きを阻害する原因にもなり、さらに活性酸素を増加させてしまいます。

プラセンタが白髪を黒くする?

プラセンタが白髪を黒くするわけはありません。

プラセンタが白髪の原因であるメラノサイトの働きを正常化することで髪の染色機能を改善し髪の毛を黒くするという効果があります。

プラセンタには活性酸素除去作用があり余計な活性酸素を除去するとともに、活性酸素によって傷つけられたり機能不全になった細胞の細胞分裂を促し正常な細胞を増やしていく働きがあるのでメラノサイトの働きを改善する効果が期待できます。

プラセンタがアンチエイジング効果に期待されるのもこのような働きによるものです。

また、自律神経調整作用もありストレスを緩和し正常な血流を促していくので、髪に必要な栄養素をしっかり髪に届けることができるようになりメラニン色素の生成を促す効果もあります。

過度なストレスは肉体的にも精神的にも影響を与え体のバランスを乱す原因になり、ストレスを緩和することは白髪のみならず体内バランスを正常化するのに非常に重要で、健康維持にも大きく役立ちます。

最近白髪が増えてきたという人だけでなく、プラセンタはお肌や健康の改善にも効果的なので、白髪対策をしながら体質改善をしていくことで若々しく明るい人生にしていくことができますよ。

【人気】白髪予防にも効果的なプラセンタサプリTp200
【体験】口コミ体験談まとめ

シスタープラセンタ公式サイトはこちら

▼▼大人気の希少な国内産TP200が購入できる TP200口コミレビュー ▼▼2017年注目度No1プラセンタサプリ 発酵キレイ・デ・プラセンタ口コミレビュー ▼▼初めてプラセンタサプリを購入するなら要チェック! ランキング