生理痛

生理痛がひどい人にとって生理期間は憂鬱で、痛みなどで仕事も手に付かなくなったり、その痛みを抑えるために鎮痛剤のお世話にならなければならなかったりと本当に大変な期間であったりします。

身体に負担なく生理痛を和らげる方法をいろいろ探しまわってプラセンタにたどり着いた女性も多いと思いますが、「プラセンタは効果ない」とか「プラセンタで生理不順になった」などといった口コミなどもみられるので、いまいち生理痛が悪化する不安が拭えないでいる女性もいらっしゃるようですね。

【プラセンタが生理不順の原因に?長引く・遅れる・それとも治る?】

生理痛の症状は人それぞれなので万能とは言えませんが、プラセンタの摂取によって生理痛がひどくなるという心配はほとんどなく、生理痛の緩和に効果的に働いてくれます。


生理が始まるとプロスタグランジンという子宮を収縮させる物質が急増し妊娠準備のために厚くなった子宮内膜を剥がし血液と共に排出するのですが、この物質の分泌量が多くなると子宮の収縮が過剰になり生理痛を起こします。

さらに悪いことに生理中のホルモンバランスの変化に伴う自律神経へのストレスなども生理痛を増幅させる要因になってしまいます。

プラセンタには内分泌調整作用というホルモンバランスを整える働きがあり、子宮内膜を厚くする黄体ホルモンの分泌量を調整してくれたり自律神経へのストレス軽減に効果が期待できます

また、細胞を正常化する働きもあり代謝を促進することで生理後半に起こりやすい冷えやうっ血などによる腰回りのだるさや痛みの予防にも効果を見込めます。


このようにプラセンタで生理痛が緩和されることはあってもひどくなるとは考えにくいのですが、外的要因のストレスなどが原因でもタイミングによってはプラセンタを摂取したからということになってしまうのかもしれません。

鎮痛剤などの薬剤は一定期間使い続けると身体が慣れてしまい、摂取量を増やしたり薬を変えたりしていかなければ効果はどんどん薄れてしまうため身体への負担が大きく、副作用の心配も出てきてしまいます。

その点、プラセンタは薬剤ではないので副作用もありませんし、摂取量の制限もないので継続的に摂取することで生理痛の予防や改善に大いに役立ちます。

生理痛緩和のためのプラセンタ選び

プラセンタサプリメント生理痛を緩和することを目的にプラセンタを摂取する時は動物性プラセンタを選ぶようにしましょう。

植物性や海洋性といったプラセンタ商品がありますが、生理痛緩和効果の肝は成長因子(グロースファクタ)です。成長因子は動物性プラセンタにしか含まれていません。

また、プラセンタの配合量もポイントになるのでドリンクやゼリータイプのものではなくサプリメントがいいですね。

プラセンタ注射もいいのですが通院などが必要になりますし費用的にも負担が大きく、献血ができなくなってしまうというデメリットなどもあるのでまずはサプリメントから試してみるといいですよ。

【人気】プラセンタ美の生理痛を緩和したプラセンタサプリはこれ
>>生理痛は市販薬よりプラセンタで緩和 | 市販薬のデメリット
>>不快な月経前症候群【PMS】をプラセンタで改善しよう

シスタープラセンタ公式サイトはこちら

▼▼大人気の希少な国内産TP200が購入できる TP200口コミレビュー ▼▼2017年注目度No1プラセンタサプリ 発酵キレイ・デ・プラセンタ口コミレビュー ▼▼初めてプラセンタサプリを購入するなら要チェック! ランキング