プラセンタのアンチエイジング効果は有名なところですが、最近アンチエイジングに効果があるとして注目されているレスベラトロールという成分はどのような働きがあるのでしょうか?

アンチエイジングで重要なのは細胞レベルでの元気を保つことですので活性酸素による細胞へのダメージを防ぎ細胞の働きを阻害しないための抗酸化成分が効果的とされていて、レスベラトロールは強力な抗酸化作用を持ちサーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)を活性化させることでアンチエイジングに効果的に働くとされています。

サーチュイン遺伝子って何?

サーチュイン遺伝子というのは誰もが持っているもので長寿遺伝子とも呼ばれ、老化防止や寿命を延ばす働きのあるたんぱく質の一種なのですが、普段は不活性状態にありある特定の条件下でしか活性化されないため、このサーチュイン遺伝子を活性化することで老化要因を抑えることができアンチエイジング効果を得られるということで注目されています。

サーチュイン遺伝子ではある特定の条件とは何なのか?

常に空腹状態であること。

カロリーを必要なカロリー摂取量の70%程度に抑え、かつ空腹感を常に感じる状態を7週間以上続けることでサーチュイン遺伝子は活性化されるとされています。

しかし少しでもカロリーオーバーしたり、逆に極端に少な過ぎたりするとサーチュイン遺伝子は不活性化されてしまうということなのでよほど忍耐力がないと非現実的ですね。

レスベラトロールがサーチュイン遺伝子を活性化させる?

レスベラトロールはブドウの皮などに多く含まれるポリフェノールの一種で高い抗酸化作用の他、サーチュイン遺伝子を活性化する効果が期待されるアンチエイジングに効果的な成分なのですが、サーチェイン遺伝子の活性化に関しては是非の報告がそれぞれあり、専門家の間でも意見が分かれています

サーチェイン遺伝子を活性化させるために必要なレスベラトロールを摂取しようとした場合、一番身近に摂取することができる赤ワインでも1日100本以上飲む必要があるので、こちらもかなり非現実的な話になってしまいます。レスベラトロール

しかし抗酸化作用により活性酸素を除去してくれるのでしわやシミの予防につながり美肌効果が期待できますし、脂肪の蓄積を減少させる効果もありメタボの予防にも効果的に働きます。

現実的にはサプリメントなどで摂取するのが効率的でいいでしょう。

プラセンタのアンチエイジング効果

レスベラトロールが活性酸素を除去しつつ、細胞の細胞分裂を延命させるサーチェイン遺伝子を活性化させるのに対し、プラセンタは活性酸素を除去するとともにプラセンタに含まれる成長因子の働きにより各細胞の細胞分裂を促進させてアンチエイジング効果を目指します。

細胞分裂が活性化されると代謝が良くなり、体内の機能改善や活性化が進み老化防止に役立ちます。

アンチエイジング肝機能を改善し老廃物をスムーズに排出して溜め込まない体を作り、プラセンタに含まれるアミノ酸やミネラルなどの豊富な栄養素を補給することで抗酸化作用や細胞増殖などアンチエイジングに必要な効果を発揮していきます。

これらに付随して美容効果が特に注目されがちですがプラセンタの本来の目的は体質の改善にあり、体質が改善された結果として高い美容効果が得られるということです。

レスベラトロールとプラセンタどっちがいい?

レスベラトロールのサーチュイン遺伝子の活性化に対する否定的な研究結果が多くなってきているので、強力な抗酸化作用によるアンチエイジングやお肌への効果を期待してレスベラトロールを摂るのはいいと思いますが、あくまでも受身の効果であると言えます。

一方プラセンタは細胞を活性化させることで体内バランスを整えていきアンチエイジングやお肌への効果はもちろんホルモンバランスの調整や精神的な安定なども望め、その効果に対する長年の実績もあるので、まずはプラセンタでアンチエイジングを目指すのもいいかもしれません。

【人気】効果実感プラセンタはTp200
【検証】プラセンタサプリ口コミ体験談

シスタープラセンタ公式サイトはこちら

▼▼大人気の希少な国内産TP200が購入できる TP200口コミレビュー ▼▼2017年注目度No1プラセンタサプリ 発酵キレイ・デ・プラセンタ口コミレビュー ▼▼初めてプラセンタサプリを購入するなら要チェック! ランキング