月経前症候群多くの女性がいわゆる生理痛に悩まされていると思います。

そんな中、意外に知られていないのが月経前症候群【PMS】の存在です。

月経前症候群というのは生理の約2週間前から起こる精神的・身体的症状の総称で、症状は人により様々ですが一度に多くの症状を併発することが多いのも特徴です。

月経前症候群の主な原因は黄体ホルモンの分泌によるホルモンバランスの乱れなので、ホルモンバランスの調整作用のあるプラセンタが症状改善に効果的なんです。

月経前症候群【PMS】の症状と原因

月経前症候群と診断されるのは日常生活に支障が出るほど症状が重い人だけですが、実はそこまで症状はひどくなくてもほとんどの女性が経験していると思われます。

肩こり・下腹部痛・乳房の張りといった身体的症状やイライラ・憂鬱・無気力などの精神的症状、さらに肌荒れ・むくみ・ニキビができやすいなど美容にかかわるようなものまで様々な症状が起きやすくなります。

排卵が終わると妊娠のための着床準備としてプロゲステロンという黄体ホルモンの分泌量が増え、着床されないとまた生理の準備のため黄体ホルモンの分泌量が減少します。

この黄体ホルモンの分泌量の増減が激しく、ホルモンバランスが崩れることや、ストレスなどが原因でホルモンバランスを崩すことで自律神経のバランスも影響を受けイライラなど精神的各種症状が現れやすくなります。

月経前症候群(PMS)へのプラセンタの効果

プラセンタには内分泌調整作用というホルモンバランスを整える働きがあるため、黄体ホルモンの急激な増減を緩和することで月経前症候群を防ぐ効果が期待できますし、自律神経調整作用もあるのでイライラや無気力などの精神的症状の緩和にも効果が期待できます。

また、プラセンタと言えば美容効果で有名ですが、月経前症候群の緩和目的でプラセンタを摂りはじめ場合でもプラセンタの美容効果にも期待できてしまうのも嬉しいところです。

PMSと診断された場合には、プラセンタ療法などをしっかり医師と相談して行っていくことが重要ですが、症状自体が軽い場合などは費用や手間などを考えてまずはプラセンタサプリメントなどを利用するのがいいでしょう。

プラセンタ生理痛の緩和にもプラセンタは効果的です。

生理期間を合わせると1カ月の4分の3もの期間を何らかの症状を抱え続けるのは辛いものです。

継続的な痛みや不安はストレスを生み、ストレスはさらなる身体の不調の原因になりかねず悪循環に陥ってしまいます。

プラセンタサプリで身体も心もケアしていきましょう。

【人気】PMS改善に効果的な人気No1サプリはこれ
>>生理痛は市販薬よりプラセンタで緩和 | 市販薬のデメリット
>>プラセンタで生理痛がひどくなる?生理痛緩和にプラセンタ
>>プラセンタが生理不順の原因に?長引く・遅れる・それとも治る?

シスタープラセンタ公式サイトはこちら

▼▼大人気の希少な国内産TP200が購入できる TP200口コミレビュー ▼▼2017年注目度No1プラセンタサプリ 発酵キレイ・デ・プラセンタ口コミレビュー ▼▼初めてプラセンタサプリを購入するなら要チェック! ランキング