食欲不振夏バテの予防や改善にプラセンタが効果を発揮します。

カラッとした暑さと違い日本の夏は湿度が高くジメ~っとしていていかにも体がダルくなるイメージありますよね。

夏バテは夏の暑さや湿度に体が順応しようとする働きが大きくかかわっていて、体温調節がうまく機能しなくなることで体内が負のサイクルに陥ってしまい体のだるさ、熱っぽい、無気力、食欲不振、立ちくらみなどといった夏バテの症状を引き起こします。

プラセンタには体温調節を司る自律神経に働きかけ安定させる効果があり、夏バテの予防や改善に効果的に働きます。

夏バテの大きな原因は3つ

夏バテの大きな原因は3つと言われています。

  • 水分不足
  • 自律神経の不調
  • 胃腸の働きの低下

人間は恒温動物なので体温を一定に保つよにする機能が備わっているのですが、夏に暑い日が続くと体から熱を逃がして体温を下げようとする働きが活発に行われるのでかなりのエネルギーを消費していきます。

体温調節は自律神経が行っているので自律神経が過剰に働いている状態になり体が緊張状態を常に保つことで疲労感が増していき体のだるさや無気力といった症状が現れます。

温度差のあるところを行き来するのも自律神経へ悪影響を及ぼします。

夏バテ現代ではエアコンが普及しているので夏の暑い日でも快適に過ごすことができるようになりましたが、室内と室外の温度差が激しいためその都度自律神経が体温を調節するためにスイッチを切り替えます。

これが頻繁に繰り返されると自律神経が影響を受けますし、自律神経がスイッチを切り替えても体はすぐに反応できないので暑くても熱を発散しなかったり、熱の発散が必要ない時に熱を発散してしまったりというタイムラグが多くなり体調への影響が現れます。

体温を下げるのに重要なのは水分で、多く汗をかくことで熱を発散していきます。

水分補給がしっかりされないと熱を逃がす機能が働かなくなり、体に熱を溜め込むことになるので熱っぽさや体のダルさの原因になります。

また自律神経の働きが体温調節に多く奪われる形になるので自律神経がかかわる他の働きへも影響が出始め、胃腸の働きなども悪化し食用不振といった症状も現れ十分な栄養を摂ることが困難になり体力の低下にもつながります。

プラセンタで夏バテ対策

夏バテにならないために必要なことはしっかりとした水分補給としっかり休息をとり体をリラックスさせることです。

プラセンタには自律神経を調整する働きがあり副交感神経を働かせることで体をリラックスさせ、代謝を促進することで血液の巡りを良くし胃腸の働きを活性化する効果が期待できます。

病院で夏バテと診断されると点滴やビタミン剤などが処方され、食事や睡眠などの生活習慣について指導されるという処置が一般的です。

現時点で不足している栄養を補給し、栄養不足に陥らないような指導が行われます。

プラセンタにはビタミンやミネラルといった夏バテ予防に適した栄養素もしっかり含まれていますし、体の新陳代謝を促進し各器官の働きを活性化する効果もあります。

夏バテにプラセンタ自律神経に作用することで体温調節機能の促進はもちろん、余計なストレスの解消や食欲増進の効果なども得られることで体内の負のサイクルを解消し、正常な体内環境を保つ効果が期待できるので夏バテ対策にプラセンタは適しています

さらに女性なら夏の紫外線対策で活性酸素除去作用や美肌効果などでも注目されるプラセンタなので、夏バテ対策と夏の美容対策が同時にできてしまうプラセンタは利用価値が高いですね。

【人気】夏におすすめのプラセンタサプリメントはこれ
【体験談】プラセンタ口コミ体験談まとめ

シスタープラセンタ公式サイトはこちら

▼▼大人気の希少な国内産TP200が購入できる TP200口コミレビュー ▼▼2017年注目度No1プラセンタサプリ 発酵キレイ・デ・プラセンタ口コミレビュー ▼▼初めてプラセンタサプリを購入するなら要チェック! ランキング