眠くなる疲れているのに眠れない、眠りたいのに眠れない、不眠症気味、睡眠障害なのかと心配になってしまう人も多くいると思います。

驚くかもしれませんがプラセンタには美容効果だけでなくこのような症状を感じている人にもお役にたてるんです。

プラセンタを飲み始めてから眠くなることが多くなったとか、困った事例としては仕事中にも眠気が襲ってくるなどといった体験談も多く、副作用かと心配されるほど実感されているのがプラセンタのリラックス効果です。

眠くなるのはリラックスしている証拠

プラセンタには自律神経調整作用があり、この作用が眠気を誘います。

自律神経は交感神経と副交感神経という相反する作用をもった2つの神経で構成されていて、交感神経は活発な活動をしている時などに働き、副交感神経は休息している時などリラックスしている状態の時に働く神経です。

寝る前にスマホなどを見ると眠れなくなるといったことがよく言われますが、自分の興味のあることをネットサーフィンしたりフェイスブックなどのSNSを閲覧したりすることで交感神経を刺激し、脳や体が興奮状態になるので眠れなくなってしまうということです。

気になることや悩みごとなどを抱えている時など、ストレスによっても交感神経の働きが優位になってしまいなかなか眠ることができなくなってしまうこともあります。

気持よく眠るためには交感神経の働きを抑え副交感神経の働きを活発にしてあげることです。

何も考えずにボケ~ッとしていて眠くなった経験は誰にでもあると思います。

これが副交感神経が活発に働いている状態です。

プラセンタの自律神経調整作用はこの交感神経と副交感神経のバランスを取り、主に副交感神経の活動を活発にすることで体をリラックスさせていき、その結果快適な睡眠へと誘ってくれるのです。

睡眠で困ったらプラセンタ

ストレス社会と言われる現代は睡眠で困っている人も多くいらっしゃり、睡眠導入剤や睡眠薬の需要も多いといいます。

しかし、睡眠導入剤はあくまで眠りに就くことが目的なので必ずしもしっかりとした深い眠りができるとは限りませんし、睡眠薬は副作用なども心配されます。

まずはプラセンタを試してみて欲しいものです。

プラセンタは自律神経を調整することでリラックスした状態で眠りに誘っていくのでしっかりとした睡眠をとることができますし、睡眠薬のような副作用の心配もなく体への負担もありません。

睡眠は疲労回復が主な目的で、疲労回復の度合いはどれくらい副交感神経が優位な時間がとれるかで決まってきます。

眠りの浅い日は起きた時に余計疲れたと感じた経験があると思いますが、これは何かしらのストレスで交感神経が過敏になっていることで副交感神経がしっかり働かなかったため疲労回復ができなかったことが原因です。

プラセンタで副交感神経をしっかり働かせて眠ることが根本的な解決につながっていくはずです。

【人気】リラックスして快眠プラセンタサプリ
【体験談】効果実感プラセンタ口コミ体験談

シスタープラセンタ公式サイトはこちら

▼▼大人気の希少な国内産TP200が購入できる TP200口コミレビュー ▼▼2017年注目度No1プラセンタサプリ 発酵キレイ・デ・プラセンタ口コミレビュー ▼▼初めてプラセンタサプリを購入するなら要チェック! ランキング