日焼け

美肌を守るには日焼け対策は欠かせません。

夏の暑い日差しの中では、バッチリ日焼け対策をしている人も多いかもしれませんが、日焼けするのは夏だけではありません。春や秋、冬ですら相応の対策をしておかないと、知らず知らずのうちにお肌の老化を早めてしまいます。

日焼けはシミやしわの原因になるので、極力避けるに越したことはありません。

プラセンタは、厚生労働省にも美白成分として認められているので、美容液などに配合されている商品も多く、日焼け後のお手入れに最適です。日常的に使うことで、アンチエイジング効果も見込め、お肌にとって良い効果が期待できます。

ただ、日焼けから美肌を守るには、プラセンタ配合美容液だけでは不十分です。プラセンタの効果を最大限生かすためにも、日焼けについてもう一度確認しておきましょう。

日焼けにプラセンタの美白効果

プラセンタは厚生労働省が認める美白成分です。では、そもそも美白成分とは何なのでしょうか?

「肌に透明感のある色白美人にしてくれる」なんて勘違いしてはいませんか?プラセンタでも、さすがに元の肌色以上に肌色を白くする効果はありません。

例えば、美白成分を一定量以上配合していると認められた化粧品は、医薬部外品として販売されています。医薬部外品になると効能を表示することができるようになりますが、美白成分の効能は「日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐ」というものです。

日焼けそのものを防ぐわけでもありませんし、増して色白にしてくれるわけでもありません。

美白成分の働きは、シミやソバカスの原因になるメラニンの生成を抑制することです。メラニンの沈着が日焼けということなので、結果的には日焼けを抑えることになりますが、主な働きはメラニンの過剰生成を阻害することで色素沈着を防ぐところにあります。

日焼けを防ぐには、肌に紫外線を浴びないことが大前提で、仕方なく入ってきた紫外線の影響を最小限にするのがプラセンタの働きです。

紫外線を浴びたお肌はメラニンの生成が活発になります。プラセンタ美溶液などを塗ることで、メラニンの生成を抑えてお肌のダメージを減らすようにしましょう。

日焼け対策で大切なターンオーバー

日焼けから美肌を守るのに大切なのがターンオーバーです。お肌の新陳代謝がしっかりしていれば、メラニンの排出がうまくいくので、シミなどになる心配が減ります。

しかし、ターンオーバーは日ごろから意識的に整えておかないと、紫外線によるダメージなどですぐに乱れてしまいます。特に加齢によるお肌の衰えを感じている世代はなおさらです。

ターンオーバーは表面的なケアだけでは維持できません。身体の内側からのケアも必要です。

表面的なケアで大切なのが保湿。化粧水などで水分を与えればいいというものではなく、保湿成分をしっかり補充することが大切になります。

プラセンタは美白効果と共に、保湿成分としても優秀なのですが、ここはプラセンタだけに頼らず、最強の保湿成分「セラミド」にも頼るようにしましょう。

セラミドが効果的な理由は2つあります。一つはセラミドの構造上、他の成分より高い保湿力があること。もう一つは、セラミドが元々肌の表面に近いところに存在する成分なので、肌表面から補給しても本来の場所で活躍できる成分ということです。

身体の内側からのケアで大切なのが、食事や睡眠、ストレスなどへのケアです。

お肌の再生に必要なビタミンB系や抗酸化作用のあるビタミンC・E、便秘を予防する食物繊維を多く摂るようにし、良質な睡眠を確保するようにします。

ストレスはホルモンバランスや自律神経を乱すので、日々リラックスする時間を作り、溜め込まないようにしておきましょう。軽めの運動や入浴時間などをうまく活用すると良いですね。

ターンオーバーのサイクルを、内側からサポートするのにプラセンタサプリメントは効果的です。

プラセンタは代謝を改善する働きがあるので、お肌に必要な栄養素をしっかり届けられるようになりますし、ストレスによる自律神経やホルモンバランスの乱れを整えるのにも効果的に働きます。

日焼けから美肌を守るには、内側からお肌をサポートするのも大切です。

紫外線と日焼け止め

美肌を守るには、紫外線を極力浴びないことが一番ですが、全く浴びないというのは不可能なので、日焼け止めは重宝します。

ただ、お肌のことを考えるなら、日焼け止め選びも慎重に行ってもらいたいところです。そのためにも、紫外線や日焼け止めについて理解しておく必要があります。

紫外線の種類とお肌への影響

日焼け止め

太陽から降り注ぐ紫外線で、地表にまで届くのは2種類あります。A波と呼ばれるUVAとB波と呼ばれるUVBです。

A波はお肌の真皮層にまで到達する紫外線で、真皮層のコラーゲンを破壊し、しわやたるみの原因になってしまいます。

皮膚表面が焼けて赤くなったり炎症を起こす原因になるのがB波です。比較的皮膚表面までしか到達しませんが、角質層の皮膚細胞を傷つけシミやしわの原因になります。

B波は雲や遮蔽物などの透過度合いは少ないので、日陰に入ったり洋服を工夫することである程度は防げますが、A波は透過度合いが多いので、家の中に居たりしても油断は禁物です。

日焼け止めのSPFとPA

日焼け止めに表示されているSPFとPAは、それぞれ日焼け防止の効果の強度を表していますが、「数値が大きい方が効果があって良い」となんとなく選んでいませんか?

確かに日焼け予防効果が高いのもいいのですが、その分お肌に負担がかかっていることを忘れないようにしましょう。

SPF

SPFは紫外線B波からお肌を守るおおよその時間を示しています。SPFの数値が高いほど、お肌が日焼けするまでの時間が長くなります。

お肌がサンバーン(肌が赤くなってヒリヒリする状態)を起こすまで、夏の日差しの下では約20分と言われます。SPF値は、この20分を「どれだけ先延ばしできるか」という目安の数値になります。

例えば、SPF30の日焼け止め効果がある場合、20分×30で約600分となります。何も塗らないで日焼けをしてしまった場合、20分でサンバーンを起こしますが、SPF30の日焼け止めを塗っていれば、同じ状態になるまで10時間かかる計算になります。

PA

PAは紫外線A波からお肌を守る強度を示しています。PAは「+」で示され、強度が4段階で表示されます。

  • +・・・・・・・やや効果がある
  • ++・・・・・効果がある
  • +++・・・高い効果がある
  • ++++・極めて高い効果がある

A波はお肌の真皮層に届いてしまいますし、遮蔽物に関係なくお肌へも影響を及ぼします。だからと言ってPA値の高いものを塗れば良いというわけではありません。

外出の予定が無い時にはPA++くらいのものでも十分です。効果の高いものは、それだけお肌への負担がかかるということを理解して、適切な強さのものを利用するようにしましょう。

プラセンタが日焼け対策に効果的!?内と外から美肌を守るまとめ

プラセンタは日焼け対策としても効果的です。

美白成分として、プラセンタ配合美容液を利用するだけでも効果的ですが、どうせ選ぶならプラセンタとセラミドが配合されているものがいいですね。肌表面からのお手入れには、保湿成分は重要です。

そしてもっと大切なのがターンオーバーです。ターンオーバーが適切に行われていないと、メラニンの排出などに影響し、シミやしわの原因になってしまいます。しかし、ターンオーバーは内面的な要因で乱れることも多いので、外側からのお手入れではカバーしきれないといったところもあります。

プラセンタサプリメントで内面的な要因を、極力なくすことが日焼け対策としても有効です。

お肌のシミやしわは、いきなりできるものではありません。長年の積み重ねが表面化して現れてきます。若い時に油断していると、数年・数十年先に後悔することになります。

年齢に関係なく日焼け対策を通年で行うように心がけて、美肌を守っていきましょう。

>>日焼け対策にも効果的な人気プラセンタサプリはこちら

オルビス

▼▼大人気の希少な国内産TP200が購入できる TP200口コミレビュー ▼▼2017年注目度No1プラセンタサプリ 発酵キレイ・デ・プラセンタ口コミレビュー ▼▼初めてプラセンタサプリを購入するなら要チェック! ランキング