プロプラセンタプロ・プラセンタは、豚プラセンタを原料とするゼリーが多い中でアミノ酸含有量の多い馬プラセンタを原料とする高品質なゼリーで、1包20gのうち半分の10gが馬プラセンタエキスをそのまま配合している贅沢なプラセンタゼリーです。

通常プラセンタを配合する場合、プラセンタを粉末化し配合するのですが、プロ・プラセンタはプラセンタの原液をそのままゼリー状に加工した高濃度なプラセンタゼリーで、しかも最近話題のスーパープラセンタ同様、各アミノ酸、コンドロイチン酢酸、コラーゲン、ヒアルロン酸など美容効果のある成分を含んでいるサイタイ(臍帯)も配合しています。

キルギス産の優良な馬プラセンタを原料とし、話題のサイタイも配合されている高濃度なプラセンタゼリーなので、さすがに価格は安くありませんが、その分口コミなどの評価はゼリータイプでは非常に良い商品でプロ・プラセンタは食べるスキンケアというのも納得です。

プラセンタは豚より馬がいい?

プラセンタは豚より馬がいいと言われる理由はいくつかあり、一つはアミノ酸の含有量が馬の方が数百倍あるといわれていることが挙げられるのですが、最近ではこの数百倍というのは逸話で実際のところは2倍ほど差はないと言われています。

数百倍と言われていた根拠はおそらく、とある馬プラセンタ商品が豚プラセンタの商品と比べて約300倍もアミノ酸含有量が多いと宣伝した話が独り歩きしたように思います。

比較対象となった豚プラセンタがどのようなものかもわからないので、その二つの商品比較であればそのような数値になったのかもしれませんが、すべての商品が当てはまる比較ではないので極端な例ということです。

しかしながら馬プラセンタが豚プラセンタよりアミノ酸を多く含有しているのは事実です。

そしてプラセンタの質が良質で安全性が高いということも挙げられます。

とかく安全性が話題になるプラセンタなので安全性を重視する人も多いのですが、馬は体温が高いので寄生虫が繁殖する恐れが少なく、飼育環境も豚の飼育環境より一般的に優れているうえ1年に1回しか子供を産まないので肉厚で良質なプラセンタを採取することが可能ですし、全体の頭数からも高級品として扱われます。

臍帯って?

臍帯プロ・プラセンタには臍帯エキスが配合されていますが臍帯というのはへその緒です。

胎盤(プラセンタ)に集められた栄養分などを赤ちゃんに供給するパイプラインの役目を果たしている臍帯から抽出したエキスにはヒアルロン酸が多く含まれています。

そのためプラセンタに臍帯が配合されることで、より肌への美容効果が高まります。

しかしプラセンタより臍帯エキスは採取できる量が圧倒的に少なく高価なので、プラセンタゼリーに臍帯が配合されている商品はプロ・プラセンタだけなのですが残念ながらやはり商品価格も安くはありません。

プロ・プラセンタは本当に高濃度プラセンタゼリー?

プロ・プラセンタの特徴は臍帯が配合されていることの他に、通常粉末に濃縮したプラセンタが配合されるところプラセンタエキスをそのままゼリーに加工していることが挙げられます。

プラセンタエキスをそのまま加工する利点は粉末化の際の熱による有効成分の損失が防げるということで、その分しっかり有効成分が残った状態のまま製品化できるということです。

しかしプラセンタエキスの場合、液状なのでプラセンタの有効成分意外に少なくとも水の重量も含んだ量が配合量として表示されるので、プロ・プラセンタで言うと馬プラセンタ10000mg配合と表示されていますが鵜呑みにしてはいけません。

これを粉末化すると大げさに少なく見積もると40分の1、大雑把ではありますが粉末250mg以上にはなるという計算です。

プラセンタ100%の商品で多いものでも1カプセルに収められているプラセンタの量は220mgなのでプラセンタゼリーとしてはかなりの高濃度でプラセンタが配合されていると言えます。

プロ・プラセンタのお値段は安くありませんが効果のほどはかなり期待でき、プラセンタゼリーとしてはトップクラスの商品です。

>>プロ・プラセンタ購入はこちら
>>高品質低価格プラセンタサプリメントTp200の口コミ体験談
>>効果実感プラセンタ人気ランキング

▼▼大人気の希少な国内産TP200が購入できる TP200口コミレビュー ▼▼2017年注目度No1プラセンタサプリ 発酵キレイ・デ・プラセンタ口コミレビュー ▼▼初めてプラセンタサプリを購入するなら要チェック! ランキング